標準必須特許

業務案内


 弊所は、発明の保護及び利用を有効に図るために、高品位な明細書等を
 適正な価格で作成することを目標としております。
 この目標を達成するために、以下のようなことを行っております。

1.適正価格

  1. 明細書等の作成に関する料金は、お客様のご予算に対応させて頂いた適正な金額といたします。
  2. 外国出願においては、蓄積したRCE対策のノウハウを提供することにより、経費の軽減にご協力いたします。

2.早い

  1. 原稿を受領してから2週間以内に納品いたします。原稿を受領してから早い時期に明細書を作成することは、発明の内容を的確に文章化するのに重要です。
  2. 発明を早期に特許権として取得したい場合には、早期審査の手続を行います。特に、個人・小中企業の方は、低額で行うことが可能です。

3.高品質

  1. 明細書等の作成は、ご依頼をいただいた技術分野に精通している技術者が、発明者から技術内容のヒヤリング・資料の提供等により、発明を十分に理解してから行います。
  2. 明細書の作成においては、判例・審査基準等に対応して、無駄な請求項・余事記載・不要図面等を記載しないで、係争に耐えられる高品質のものを作成いたします。
  3. 改正される法律・審査基準と的確に対応した明細書等を、作成するように実務勉強会を開催しております。
  4. 地理的利便性を踏まえて、積極的に面接審査を行うことにより、最も広い特許権等を取得すると共に、登録率の向上を図ります。
  5. 英語でのヒアリングも可能です。

ベンチャー企業家の皆様へ

  1. ベンチャ−企業の展開を踏まえて、いかなる知的財産権を保護すべきかを定めて、発明の発掘から権利取得・侵害に的確に対応いたします。
  2. パテントポートフォリオを構築して、経営管理能力を発揮することが出来るようにサポートいたします。
  3. 特許調査に行ってパテントマップを作成して、合理的・効率的な経営戦略体制を構築することが出来るようにサポートいたします。
  4. ベンチャー企業・中小企業・大学・TLO等に、適切に対応が出来る体制が整っております。

  なお、業務上の守秘義務は、弁理士法に規定されておりまして、
  違反した場合には経済産業大臣により懲戒処分されます(弁理士法
  第30条・第32条)。

発明発掘、リエゾン、出願、中間処理、審判、審決取消訴訟、侵害訴訟、
鑑定、パテントマップの作成、知的財産価値評価等


 企業展開を踏まえて、いかなる知的財産を保護すべきかを定め、
 発明の発掘から権利取得、侵害対応まで行います。


特許

 機械・建設(流体工学、振動工学、構造工学、材料工学等)、
 ソフトウエア、ロボット、半導体、通信、オプトメカニクス、バイオテクノロジー、人工知能、
 インターネット関連発明、ビジネスモデル特許。

意匠


商標、サービスマーク


外国出願


特許管理業務


特許・商標調査、パテントマップ作成


技術判断、鑑定、契約書作成


審判、審決取消訴訟、知的財産権侵害訴訟


知的財産価値評価


著作権登録


知的財産価値評価


種苗法による品種登録


担子菌(キノコ)の寄託


パテントプール、必須判定